Tomomi Nishimoto

「ロシアにおける日本年」及び「日本におけるロシア年」組織委員会委員受嘱

2017
Japan
Japan

2017年7月1日付で「ロシアにおける日本年」及び「日本におけるロシア年」組織委員会委員に、岸田文雄外務大臣より委嘱されました。

billboard classics
藤井フミヤ meets 西本智実 SYMPHONIC CONCERT

2017
Japan
Japan

2017年5月21日 ツアー千秋楽、バックヤードでの集合写真がブログに掲載されています。 

http://tomomiroom.exblog.jp/

DVD&Blu-ray
NEWS LIVE TOUR 2016 QUARTETTO

2016
Japan
Japan

西本智実、イルミナートフィルハーモニーオーケストラが出演したツアー千秋楽の東京ドーム公演の模様が収録されております。

■発売日:2016年12月14日
■URL:http://www.johnnys-net.jp/page?id=discoDetail&dataId=2746

日本国政府公式英文広報誌「We are Tomodachi G7 Japan 2016 号」

2016
Japan
Japan

日本国政府公式英文広報誌「We are Tomodachi G7 Japan 2016 号」にインタビュー記事が掲載されています。

■The Government of Japan:
http://www.japan.go.jp/publications/index.html

topic image

G7伊勢志摩サミット2016
CM出演

2016
EU
EU

前回のG7サミットに引き続き、今回のG7伊勢志摩サミット2016でも日本政府が海外へ日本国を広報するCMに出演。

■URL:
https://t.co/wBhzkYAqfq

■放映国:
ヨーロッパ、アメリカで放映

松本歯科大学 名誉博士の称号 拝受

2016
Japan
Japan

松本歯科大学より名誉博士の称号が授与されました。

topic image

NEWS「四銃士」

2016
Japan
Japan

指揮・総編曲 西本智実
演奏 イルミナートフィル 
NEWS「四銃士」が、NEWSアルバム「QUARTETTO」(2016年3月9日発売)に収録されています。

ジャニーズ・エンタテイメントHP
http://www.jehp.jp/news/disco/album/cn_0440.htm

JAL 泉涌寺音舞台の映像上映

2016
Japan
Japan

泉涌寺音舞台の抜粋25分版がJAL機内で放映されます。

■上映期間:2016年3月1日~4月30日 2ヶ月間
■上映媒体:JAL国際線 帰国便の大画面(一部個人画面)にて上映

※一部路線、航空機では上映は致しません。
※日本語のみとなります。

指揮・総編曲 西本智実
NEWS『四銃士』 DVDシングル リリース

2015
Japan
Japan

NEWS『四銃士』 DVDシングル
11月25日(水)リリース

■作詞:Satomi
■作曲:S・ラフマニノフ/西本智実
■編曲:西本智実/倉内達矢
■指揮:西本智実
■演奏:イルミナートフィルハーモニーオーケストラ

『四銃士』は、指 揮・総編曲に西本智実氏を迎えた、強く美しいクラシックPOPS!
S・ラフマニノフ 『パガニーニの主題による狂詩曲』を原曲としたNEWS初のDVDシングル!

■ジャニーズ・エンタテイメントHP
http://www.jehp.jp/

広島市長・長崎市長への親書

2015
Japan
Japan

ローマ教皇総代理アンジェロ・コマストリ枢機卿より、原爆投下70年に際して 広島市長と長崎市長宛ての親書が西本智実に託された。西本智実は2013年より毎年サンピエトロ大聖堂での『ローマ教皇代理ミサ』等 と『ヴァチカン国際音楽祭』に招聘されており、ヴァチカン側に長崎におけるかくれキリシタン達の『オラショ(祈り)』も紹介。 2014年にはヴァチカンの音楽財団より史上最年少で『名誉賞』が授与されている。
ヴァチカンからの親書は、広島市長へ は8月5日、長崎市長へは8月7日に西本智実によってそれぞれ直接届けられる。尚、本年10月28日サンピエトロ大聖堂における 『ローマ教皇代理ミサ』と、10月30日サンパ オロ大聖堂における『ヴァチカン国際音楽祭』(西本智実指揮 ヴェルディ作曲「レクイエム」)は、原爆被害者追悼に捧げられ、ヴァチカン放送世界約30ヵ国に中継される。

日本国政府公式英文広報誌「We Are Tomodachi 夏号」

2015
Japan
Japan

日本国政府公式英文広報誌「We Are Tomodachi 夏号」にインタビュー記事が掲載されています。
※P20~P21をご覧下さい。

■The Government of Japan:
http://www.japan.go.jp/tomodachi/index.html

topic image

日本政府の海外向けTVコマーシャル

2015
EU
EU

日本政府が海外に向けて日本国を広報するTVコマーシャルに出演しています。
G7に向けて下記放送局にてヨーロッパ全土に放送。

■BBC EUROPE
■CNN International Europe Middle East Africa

■日本政府の海外向けTVコマーシャルの映像は下記にてご覧頂けます。
https://t.co/gjnwsGysIC

「2014年 Fondazione Pro Musica e Arte Sacra 名誉賞」を拝受

2014
Vatican
Vatican

「オラショ」の日本での研究、そして復元、演奏した功績により、ヴァチカン音楽財団より、名誉賞を授与されました。

大阪国際文化大使就任

2014
Japan
Japan

大阪市により新たに設置される大阪国際文化大使に就任します。
※委嘱式は6月9日に行われます。

大阪音楽大学客員教授就任

2014
Japan
Japan

2014年4月より大阪音楽大学客員教授に就任しました。

日本国内閣官房国家戦略室担当大臣より感謝状を拝受

2012
Japan
Japan

世界で活躍し『日本』を発信する日本人に対する感謝状を授与されました。

授与式:9月18日(火)

http://www.npu.go.jp/policy/policy09/archive13.html

世界経済フォーラム(ダボス会議)主催
Global Leadership and Public Policy for the 21st Century

2012
USA
USA

『世界経済フォーラム(ダボス会議)』よりハーバード大学院(ケネディスクール)に派遣される事が決定しました。

「オリンパスホール八王子」のエグゼクティブプロデューサーに就任

2011
Japan
Japan

2011年~2014年の3年間、西本は「オリンパスホール八王子」のエグゼクティブプロデュサーに就任することが決まった。

同プロジェクトは、「音楽のまち八王子」として市の新たなイメージをつくり、市民に、音楽そして新しいホールに親しんでもらい、市民の芸術文化の振興とまちの活性化を図ることを目的としており、クラシック音楽をベースとして、オペラやバレエ、演劇などの要素を取り入れた舞台芸術を西本智実がプロデュースし、「学園都市」など八王子の特性を活かしたオリジナル作品を含め年間複数本制作するというもの。

この劇場を皮切りにして、西本は「伝統と革新の共創」を目指している。


オリンパスホール八王子
http://www.olympus.hall-info.jp/pc/index.html

「ロシア国立交響楽団」首席客演指揮者に就任

2010
Russia
Russia

2010年9月、西本は「ロシア国立交響楽団」の首席客演指揮者に就任することが決定している。「ロシア国立交響楽団」は、1936年に設立されたモスクワを本拠とするロシア最高峰のオーケストラの一つである。


ロシア国立交響楽団
http://gaso.ru/en

「ヴィリニュス音楽祭」で指揮

2010
Lithuania
Lithuania

2010年5月、西本は「ヴィリニュス音楽祭」リトアニア・ナショナル・フィルハーモニック・ホールにて「リトアニア国立交響楽団」を指揮した。

1997年の初開催以来、ビリニュス音楽祭はリトアニアにおける最も権威の高い音楽祭の一つと位置づけられており、非常に高い関心を世界から集めている。毎年、国の内外を問わず数多くの著名なソリストや指揮者、オーケストラが招聘されるほか、クラシックのみならずジャズや現代音楽の演奏も行われるなど、極めてユニークな音楽祭としても知られている。


ヴィリニュス音楽祭
http://www.vilniusfestivals.lt/index.php?page=apie_en

「ルーマニア国立ジョルジュエネスコフィル」を指揮

2009
Japan
Japan

2009年5-6月、西本は「ルーマニア国立ジョルジュエネスコフィル」を指揮した。曲目は、バルトークの「ルーマニア民俗舞曲 Sz.56」、プロコフィエフの「交響曲 第1番 ニ長調「古典」作品25」、ブラームスの「交響曲 第1番 ハ短調 作品68」であった。

1868年クラシック音楽を普及させるため、指揮者であるエドアルト・ヴァハマン (Eduard Wachman) によって、ルーマニア・フィルハーモニック・ソサエティという常設オーケストラが設立される。これがルーマニアで最も権威のある音楽団体となり、後に現在の“ジョルジュ・エネスコ”フィルハーモニーとなる。

「ブダペストフィルハーモニー管弦楽団」のシーズン最初の定期公演で指揮

2008
Hungary
Hungary

2008年10月、西本はハンガリー国立歌劇場にて「ブダペストフィルハーモニー管弦楽団」のシーズン最初の定期公演で指揮をとった。曲目は、チャイコフスキーの幻想序曲「ロメオとジュリエット」、チャイコフスキーの「イタリア奇想曲」、ドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」であった。

ブダペストフィルハーモニー管弦楽団は、ハンガリー・ブダペストにあるハンガリー国立歌劇場専属のオーケストラであり、コンサート活動を行う時ブダペスト・フィルハーモニー管弦楽団を名乗る。

世界経済フォーラムのヤング・グローバルリーダーに任命

2007
Switzerland
Switzerland

2007年、西本はダボス会議を主催する世界経済フォーラムの「ヤング・グローバルリーダー」に任命された。

世界経済フォーラムは2005年、「Global Leaders of Tomorrow」(次世代のグローバル・リーダー)の後継としてヤング・グローバル・リーダーズのコミュニティを立ち上げた。このコミュニティには、多種多様な専門分野やセクターに携わる40歳以下のリーダーが世界中から集まっている。ヤング・グローバル・リーダーズは「2030年イニシアティブ」、すなわち2030年に世界がどうあってほしいかというビジョンへの到達方法を定めた行動計画の策定に取り組んでいる。


世界経済フォーラム
http://www.weforum.org/en/index.htm

「モンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団」を指揮

2007
Monaco
Monaco

2007年、西本はレーニエ3世ホールにて「モンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団」を指揮した。曲目は、ラヴェルの「亡き王女のためのパヴァーヌ」、ビゼーの「カルメン組曲」、ドヴォルザークの「交響曲第9番「新世界より」」であった。同公演では熱狂的な大成功を収め翌日の新聞では大きく取り上げられることになる。


モンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団
http://www.opmc.mc/index.php

「ブルックナー管弦楽団定期演奏会」で指揮

2007
Austria
Austria

2007年、西本は「ブルックナー管弦楽団定期演奏会」にて指揮をとった。曲目は、プロコフィエフの「古典交響曲」、ラベルの「ピアノ協奏曲」、チャイコフスキーの「交響曲第5番」であった。同演奏会にて大成功をおさめ、ヨーロッパでの活躍の第一歩を飾った。「ブルックナー管弦楽団」は、リンツ・ブルックナー管弦楽団はオーストリアの老舗オーケストラの一つである。


ブルックナー管弦楽団
http://www.bruckner-orchester.at

「ハンガリー国立歌劇場」来日公演で指揮

2006
Hungary
Hungary

2006年、西本は「ハンガリー国立歌劇場」来日公演で「トスカ」を指揮した。

「ハンガリー国立歌劇場」は、1858年に設立されたブダペストにある歌劇場である。「ブダペスト王立歌劇場」としての歴史も持ち、ヴェルディやワーグナーの作品が初演から間もないうちに上演されたり、プッチーニも自らの指揮で「蝶々夫人」「マノン・レス コー」を上演し、マーラーやニキシュが音楽監督に名を連ねるという中欧の名門歌劇場である。


ハンガリー国立歌劇場
http://www.opera.hu/index_e.php?lang=en&module=main_eng

「ドゥブロヴニク夏の音楽祭」で指揮

2006
Croatia
Croatia

2006年、西本は「ドゥブロヴニク夏の音楽祭」で指揮をとった。

クロアチアで最も古い音楽祭である「ドブロヴニク音楽祭」は、バレエ、クラシック音楽、オペラの分野において非常に洗練されており人々を魅了している。毎年ドゥブロヴニク音楽祭では、真夏の夜に大変古い街の城壁の中、クラシック音楽の美しい作品や、質の高い戯曲を楽しむことができます。さらに、世界的に有名な作曲家、ソリスト、オーケストラ、指揮者を毎年迎えており、最高峰の芸術家の名前が並ぶプログラムを用意してる。


ドゥブロヴニク夏の音楽祭
http://www.dubrovnik-festival.hr/festival61

国立チャイコフスキーの家博物館ホールにて指揮

2005
Russia
Russia

2005年11月6日、西本は国立チャイコフスキーの家博物館ホールにて、チャイコフスキー未完成交響曲「ジーズニ」第2楽章の初演を指揮した。その模様はロシアや日本においてもニュース、新聞などで大きくとりあげられた。また、2006年5月7日、同ホールにてチャイコフスキー未完成交響曲「ジーズニ」全楽章初演を指揮した。


国立チャイコフスキーの家博物館
http://www.cbook.ru/tchaikovsky/

「プラハ・プロムズ2005 国際音楽祭」で指揮

2005
Czech
Czech

2005年8月、西本は「プラハ・プロムズ 2005 国際音楽祭」で伝統的なスメタナホールチェコ・ナショナル交響楽団を指揮した。


プラハ・プロムズ2005 国際音楽祭
http://www.pragueproms.cz/eng/

サンクトペテルブルク国立アカデミックオペラ・バレエ劇場
首席客演指揮者に就任

2004
Russia
Russia

2003年、西本はムソルグスキー・ミハイロフスキー記念サンクトペテルブルク国立アカデミックオペラ・バレエ劇場(旧レニングラード国立歌劇場)にてヴェルディの「椿姫」を指揮し、さらに、その成果が認められ急遽シーズン内での指揮依頼を受け、「リゴレット」を指揮した。その功績が認められ、2004年同劇場の首席客演指揮者に就任した。また、ロシアの国立オペラ・バレエ劇場の指揮者ポストに東洋人指揮者が就任することは史上初のことであった。


ムソルグスキー・ミハイロフスキー記念サンクトペテルブルク国立アカデミックオペラ・バレエ劇場
http://www.mikhailovsky.ru/en/

チャイコフスキー記念財団ロシア交響楽団 芸術監督・首席指揮者に就任

2004
Russia
Russia

2003年、西本はチャイコフスキー記念財団ロシア交響楽団の来日公演で指揮をとり、同公演での的確な音楽性を認められ2004年同楽団の芸術監督兼首席指揮者に就任した。

「チャイコフスキー記念財団ロシア交響楽団」は、1996年チャイコフスキー記念財団、チャイコフスキー・コンクール入賞者連盟などの協力により設立された。モスクワ音楽院やモスクワ市内での定期公演のほか、国際音楽フェスティバルや「若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール」などに参加。交響曲、オペラ、バレエの公演を定期的に開催しており、ロシアや海外のミュージシャンのための教育プログラムやチャリティーにも参加している。

「咲くやこの花賞」受賞

2000
Japan
Japan

2000年、西本は「咲くやこの花賞」を受賞した。

咲くやこの花賞は、「美術」「音楽」「演劇・舞踊」「大衆芸能」「文芸その他」の計5部門からなり、大阪文化の振興を目指すと同時に未来の大阪文化を担う人材に対して贈られる賞である。毎年各界の著名人が受賞している。

「聖スタニスラフ勲章」叙勲

1999
Russia
Russia

ショスタコーヴィチ記念サンクトペテルブルクフィルハーモニアホールにてサンクトペテルブルク・フィル(旧レニングラードフィル)のメンバーによる室内管弦楽団を指揮した演奏会が絶賛を博し、「聖スタニスラフ勲章」を授かる。

サンクトペテルブルク・フィルは、旧ソ連で最も古く伝統のあるオーケストラ。サンクトペテルブルクからペテルグラード、そしてレニングラードからまたサンクトペテルブルクへという都市名の変換に伴い、1991年には長年親しまれた 「レニングラード・フィル」という名称から「サンクトペテルブルク・フィル」に改名され、現在に至っている。


サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団(英語)
http://www.philharmonia.spb.ru/eng/indexi.html

「出光音楽賞」を受賞

1998
Japan
Japan

1998年、西本は出光音楽賞を受賞した。

「出光音楽賞」は、1964年に放送開始されたテレビ番組「題名のない音楽会」の25周年を記念して制定された賞である。年間を通じて顕著な活動を行った新進の音楽家に贈られる。また、同賞は、日本の音楽文化向上の一助として将来有望な若手・新進音楽家の活動を支援しており、社会貢献度の高い賞として大きく評価されている。


出光興産
http://www.idemitsu.co.jp/

“京都市交響楽団”を指揮し、日本デビューを飾る

1998
Japan
Japan

1998年、西本は京都市交響楽団を指揮し日本デビューを飾った。
この演奏会の成功により、同年「出光音楽賞」を受賞することになる。


京都市交響楽団
http://www.kyoto-symphony.jp/

ロシア国立サンクトペテルブルク音楽院に留学

1996
Russia
Russia

1996年、西本はロシア国立サンクトペテルブルク音楽院オペラ・シンフォニー指揮科に留学し、同音楽院のV.フェドートフ、I.ムーシンに学んだ。

サンクトペテルブルク音楽院は、ロシアでは最古の音楽院の一つで名門校として知られてる。ピョートル・チャイコフスキー、セルゲイ・プロコフィ エフ、ドミートリイ・ショスタコーヴィチ、ジョージ・バランシンなど、ロシア内外にその名声を轟かせる数々の優れた音楽家を輩出。現在も一流音楽講師達による多種多様な教育方法は高く評価されている。


サンクトペテルブルク音楽院(英語)
http://istud.conservatory.ru/

大阪音楽大学 音楽学部 作曲学科 作曲専攻 卒業

1994
Japan
Japan

1994年、西本は大阪音楽大学音楽学部作曲学科作曲専攻を卒業した。
大阪音楽大学は、世界で活躍する音楽家を育てるべく1915年に大阪に開校された音楽大学。


大阪音楽大学
http://daion.ac.jp/